九月二千六年からいつかまでに東京に引っ越します。 インタネットでブログを探すと日本について作者が多くて、その中に東京に基づいてブログも結構あると思います。それに、普段拝見するブログの課題が大体東京の生活や日本の商品や外国人が日本の文化についてどう思うのかについて書いてあるようです。抽象的にそのブログの課題は何ですかと調べると東京の「早さ」や「あっちこっち」という生活がよく話ると思っています。ですからこのブログにスローな東京を目指します。

それに、紹介をさせて頂きたいと思っています。東京の典型を探すと「モダン」や「早い」という形容詞がよく耳にするでしょう。でも日本の文化は早い文化だけではありません。伝統的な俳句に一瞬間の感情を書くことでしょう。例えば皆さんが知っている芭蕉松尾の俳句に蛙の飛びを書き留めました。それで、普通俳句は季語の事が必要と言う事課題を広げられるために川柳を書きます。

川柳は絶対モダンと言うコンセプトでは無くてもこのコンセプトを変わって(昔の詩宗と同じように書けないから)現代に持って行こうという目標です。これが自分がやりたいことなので、笑うところや馬鹿なところも勿論あります。日本の文化になんといっても変化の文化なので、この変化の伝統を使って俳句の形を変わることも有るかも知れません。ということでできるだけ5-7-5の形を目指すけど、申し訳なくて、時々5-7-6等の字余りも出るかも知れません。馬鹿な詩のせいで読者の頭が痛くなったりするから「ごめんなさい」と言って置きたいです。

その上に日本語の勉強になりたいから、最初は日本語で書いて英語に通訳するつもりです。さらに、私は訳者ではないから訳しにくい場合に英語の詩は7-5-8の俳句も出るかもしれません。ですから私の下手な日本語に耐えて頂ければと思っています。日本語を書き直したい人がいればコメントの部分に直してくださいね。

ゆっくりで読んで楽しもうと思っています。もし好きだったら日本語を直したかったらコメントをお願いします。最後にこれが「モダンな日本はよくないのに、昔の日本はよかった」ということでは無くて(私も速いところも好きですよ)これが東京の早い典型の他に紹介されたいだけです。

それでは蛙を飛ばせてスローな東京を~~~

I will be in Tokyo from September 2006 until an indetermined time. Searching the internet, there are a number of blogs focused on all things Japanese, and a great majority of these are focused specifically on Tokyo. Some of these are simply a recount of life in an often confusing city, some are focused on Japanese products and some are simply rants of a foreigner. Regardless, speed, confusion and other concepts that are opposite to the concept of “slow” constantly reappear as a common theme throughout.

I aim to focus this blog on taking it slow in Tokyo. While Tokyo is normally characterized using the concepts of “modern” or “fast”, the concept of “slow” is not alien to Japan or Japanese culture. In fact, one of the most recognized traditional arts, haiku, simply chronicles an instant; Bashou Matsuo captures the moment of a frog jumping into an ancient pond (古池や 蛙飛び込む 水の音) in his famous composition. Since Haiku traditionally has a connotation of seasons, I will write in the sen ryuu (川柳) comic haiku style so that I may have maximum freedom of subject matter.

While haiku might seem out of place in the modern world, I hope to try to evolve this medium–for an emulation would inevitably fall short–to life in modern Tokyo. Initially this will be unsophisticated to the point of humor, and I hope to have fun by using the other Japanese tradition of remaking the old to twist the haiku medium into my own device. Therefore I hope that my readers might endure and forgive the headaches of reading terrible haiku. While I hope to stick to the 5-7-5 format, since this will be slow Tokyo haiku, I will shed the strict rigidity of the modern world and adapt this tradition as I see fit. In addition, in order to provide some sort of small Japanese language practice, I will write the haiku in Japanese first. Because of this, the English translation might not always follow the 5-7-5 structure. Both my Japanese and English readers will excuse my brash assaults on their respective languages.

I hope that you have fun reading this blog. Please leave a comment if you enjoy reading this. I don’t mean to promote the some sort of reactionary return to the past–I like the fast parts of Tokyo too–I just wish to provide a little-talked-about contrast to the archetype of Tokyo as a fast and confusing city.

So let that frog leap and take it slow~~~

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。